茨木市・高槻市・吹田市を中心とした北摂エリアの不動産・リフォーム・リノベーションならアルホームサービス株式会社にお任せください。

お気軽にご相談下さい 0120-06-3308

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
水曜日・祝日

TEL.072-626-3308

FAX.072-626-8038

スタッフブログStaff Blog

あずまっくすの奮闘日記 その三十二

2018.12.09

みなさん、こんちゃ(・ω・)ノ

営業の東川こと、あずまっくすです!

 

LIXILの東京ショールームの「住まいstudio」と言う施設へ、講習を受けに行ってきました。

(正確にいうと、講習というより「体験・体感」という方が正しいかも知れませんが…)

 

 

実はこの施設、東京にしかありません!

 

 

どんなものかと言うと、お家が3つ並んでて、それぞれ冬の室内を体感・比較できるのです!

他にも夏の日差し体験もできます。

(詳しくLIXILホームページをご覧ください→ こちら )

 

 

どんな家が並んでるかと言うと…

 

1.昔の家(昭和55年基準)

…実は、既存住宅全体の約75%はこの基準

 

2.今の家(平成28年基準)

2020年に義務化になる、最低限の基準

 

3.これからの家(HERA20 G2グレード)

…かなりのハイスペック・ハイグレード

 

 

↓実際の外からの写真はこちら↓

 

1.昔の家(手前)2.今の家(真ん中)3.これからの家(奥)の順番で並んでます。

 

ちなみのこのスペースは冬の室外を模しています。

 

 

本気で寒かった!

 

道産子(北海道出身の人のこと)でも、寒いものは寒いです!

 

 

↓お家の中はこんな感じ↓

 

この写真は3.これからの家の室内です。

他の2部屋はいい写真がありませんでした(^_^;)

LIXILのホームページにも室内の写真があるので、そちらをご覧くださいm(_ _)m

 

 

そして色々なPOPが貼られています。

中でも、今回の肝となるのはこちらのポップだと思います。

 

 

温度差2℃以内が快適で、4℃を超えると不快と感じるそうです。

(因みに、国土交通省でも上下温度差3℃以内を推奨しています)

 

 

実際にサーモグラフィで比較してもらいました。

 

 

写真だと、ちょっとわかりにくいのですが…

上の3部屋、全て同機種エアコン20℃設定で稼働してます。

 

実際に入ってみると、1.昔の家は足元がかなり寒いです…

部屋の頭上と足元の温度差が10℃近くありました。

 

ちなみに、2.今の家は温度差約3℃、3.これからの家は温度差約1℃でした。

こんなに差が出るんですね…

 

 

3.の家はかなり高性能ですが、それに見合った費用がかかります。

2.の家から3.の家へ変更した場合、建築費用がかなり追加になるとおもいます。

(おそらく、新車が買えちゃうくらい…)

 

もちろん光熱費はグッとお安くなりますよ!

建築費用にそれだけかけて、どれくらいの期間で元がとれるのか…

しっかりと検討する必要がありそうですね(。-_-。)

 

 

末永く健康的・快適に暮らすためには、水回り設備や間取りだけではなく、

建物の構造や性能もしっかりと考える必要がありますね!

 

ちなみに、アルホームサービスの標準仕様は、2.基準を楽々クリアしてます!

お家の建築・販売・リフォームはアルホームサービスまで!

お気軽にご相談くださいヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

おまけ写真

 

↓お家の断熱性の比較↓

 

左から、3.これからの家→2.今の家→1.昔の家の順番で並んでます。

 

見た目で違いがはっきりわかりますね…

PAGE TOP